FC2ブログ

ココちゃんありがとう

こんにちは。

今月、2月11日はわが家のインコズのリーダー、ココちゃん6回目のお迎え記念日です。

どんな風にブログに残そうかなと楽しみで仕方ありませんでした。



そんな矢先、2019年1月31日 0:45頃 虹の橋に旅立ちました。

穏やかな笑顔で眠るように。






0:30頃 寝ているケージの中から羽をバタバタさせる音が聞こえました。

音はすぐに止み、緊急性を感じるような物音ではありませんでした。


しかし、

こんな時間帯に?という思いと、

ペレットを入れている陶器の入れ物をガチャガチャする音も聞こえたこと、



(飼い主に何か訴えたいとき、ココは陶器の入れ物を鳴らすことがありました)

寝かせる時などは、まだ寝たくなくてしばらくケージの中で動き回り羽ばたいたり、陶器の入れ物を動かしてまだ遊びたいと訴えたり、普段からその様なことがありました。




なんだか変だな?




余程のことがない限り、鳥たちが寝静まった部屋の電気をつけることはありません。

過保護かなと思いつつ、ケージにかけた毛布をめくり、ケージの隙間から指を入れました。

反応がありません。

いつもなら指を甘噛みして甘えるココ。




どうしたの?ココちゃん



カバーをあげると、頭を後ろに仰け反り羽を少し広げ、ケージの隅に倒れているココが見えました。




ココ!!どうしたの!?




痙攣?てんかん発作?とにかく、神経系疾患の症状だ!!と頭をかすめました。

抱き上げると足の指を強く握りしめ必死に苦しみに耐えているココの姿でした。




発作がなんとか収まらなければ、残念ながら飼い主ができる処置は何もない。

病院に連れて行く猶予もない、とにかく発作が収まってくれなければ…

祈るしかありません。
たった数秒の間に、いろんな考えが頭の中をめぐりました。


抱き上げたココは足が冷たくなっており、

心臓が激しすぎるほどの鼓動を刻む中、目をしっかり開け意識はありました。




駄目かもしれない…




とっさに隣の部屋で寝ている家族を起こし、寝ている鳥たちも起こし、

手の中のココに呼びかけました。




ココちゃん、大丈夫だから。

ありがとう。おりこうさんね。たのしかったね。

大丈夫よ(こわくないよ)




何度も伝えました



まだ必死に生きているココにこんなことを言ったら

諦めたみたいだと一瞬迷いましたが、絶対に伝えておきたかったから…




たのしかったね。




ココを一番手の温かい父に渡し、

私は急いでひめをケージから出し、ココのそばに連れて行きました。



父の手の中で羽がバタバタバタとまた痙攣が。




家族と仲間が見守る中、笑顔で眠るように旅立ちました。




ひめは一生懸命ココに毛づくろいをしてあげました。



たった15分ほどの出来事。

















そして、ひと晩、私の枕もとで一緒にねんねしました。
いっぱいお話ししました。

ココが家に来た時のこと、今でもはっきりと覚えてる。

ここ2週間ほど、ココはとても甘えん坊で飼い主のそばにいる時間が増え、
飼い主の顔をじっと見つめてくれました。
見つめすぎじゃないのか?と思うほどに。
それもとびっきりの笑顔で。

今思い返すと、少し前から発作があったのだと思います。
飼い主が気づかない間に。
旅立つ前日にも、朝方に私は羽の音を聞いていました。
朝起こすと少しボーっとしていて。どうしたのココ?と私は問いかけていました。

自分の身体の変化に不安だったことでしょう。
そんな中、あんなに素敵な笑顔を見せてくれたこと、感謝しかありません。














最初は完全にひめの片思いだったけど、とてもいいお姉ちゃん。
ひめを可愛がってくれてありがとう。
ひめが体調を崩したときも、手術して退院したあとも、
一緒にごはんを食べてくれたり、羽繕いをしてあげたり。

ココちゃんが居てくれたから、ひめも元気になれたね。












うちの子になって間もない頃のココちゃん。
立派なハチマキになって、初めて紙を上手に切ったときは、天才だと思ったよ。



最後に、
2017年の9月に、セキセイインコのプリンちゃんを私は鳥飼いになって初めて見送りました。
それは朝方、不意に冷え込んだ日。
気持ちが落ち着かぬまま、あっという間に埋葬してしまったこと。
一人で寒い夜に旅立たせたこと。
後悔の嵐でした。

その傷ついた飼い主の心を癒すように、突然ではあったものの
暖かい部屋の中で、ちゃんと看取らせてくれたこと、
ひと晩一緒に過ごせたことで、たくさんお話をして、気持ちを整理させてくれたこと。

時間もタイミングもすべて図ったかのようでした。

今、とても寂しくて悲しくて、昨日は一日中泣いていました。
でも、旅立つ前に見せてくれたとびっきりの笑顔が私の脳裏に焼き付いていて、
それがとても心を暖かく、穏やかな気持ちにさせてくれます。

それはきっと、ココからの大丈夫だよ!!
っていうメッセージなんだよね?ココちゃん。

コザクラインコの素晴らしさを教えてくれた特別な子。
ずっと忘れない。大好きだよ、ココ♡♡

どんなにありがとうを言っても足りないくらい、感謝の気持ちでいっぱいです。
ココちゃんありがとう。


この記事の最後に、ココの旅立ったあとの写真を載せます。
本当に、ただ眠っているだけのようで、とても可愛いのでぜひ、見て頂ければと思います。

しかし、不快に感じる方もいらっしゃると思います。
つらい方はここまでになさってください。

これまでココを可愛がってくださった皆さん。
本当にありがとうございました。

2019/2/1 YUKO
























ココの穏やかな笑顔です☆
















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

信じられません

突然飛び込んできた出来事で私も少しうろたえました
ココちゃんはノーマルで羽根のお色がはっきりしていて本当に綺麗な子だと思っています
そのココちゃんが原因も分からずに突然の発作で…驚きました
もう直ぐ本当にもうすぐに6歳のお誕生日だったのですね
まるで眠っているようにしか見えない綺麗なお顔です

きっとご家族の為に最期は素敵な笑顔のまま逝ったのでしょう
昨年9月に私も見送りました未だまだミドがここにいないのが不思議に思う毎日です
お気持ちお察しします
まだ昨日の事本当に辛すぎますね

どうぞ我慢すること無くココちゃんの為に泣いて上げて下さい

ココちゃんのご冥福心よりお祈り申し上げます。

ココちゃんへ
荼毘に付されて虹の橋へ向かうときにはきっと沢山の仲間が迎えに来ています
だから寂しくないよ!
いつか遠い先になると思うけど大好きな家族たちに又会える時が来ます
それまで先に逝って暖かい光の中あちらのお友達と仲良く待っててね
ココちゃん今まで本当にありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どんなに辛いことかお察しします

はじめまして。
おけいさんのブログから来ました。
私も先月10日に同じ色のコザクラを急死で失いました。可愛くって元気いっぱいのコザクラさん、いなくなると見ている世界が変わってしまったかのような灰色な気持ちになります。インコ一羽にと世の中は思われるかもしれませんが、大好きなインコさんを失ったショックは計りしれず、同じ思いをしている私も少しでも応援できればと思います。今は頭の整理もできないと思います。失った自分の為だけでなくコザクラさんがしてくれた証として思うだけ泣いてください。虹の橋につく前に、こんなに愛してくれてありがとうって思ってくれると思います。
初めて知ったブログ、初めて知った訃報ですが、悲しみはあなた様と共にあります。

Re: 信じられません

おけい♪さんへ

暖かいメッセージ、そしてブログにココのことを書いて下さり、本当にありがとうございます。
知り合ったばかりの私に、そこまでして頂けるなんて…
とても暖かい気持ちでいっぱいです。

正直、まだ全然信じられません。

仕事に行くとき、
ケージの中にいるみんなの顔を順番に見て、行ってくるよ!!
って声を掛けるとき、ココのケージの中にココの姿がないこと。

ごはんの準備をするとき、
当たり前に5つ並べた器をみて、4つでいいんだって気づいたとき、
現実を突きつけられて、辛くなります。

でも、ブログやTwitterでココのことを可愛がってくださっていた沢山の方にたくさんのメッセージを頂いて、
たった一言でも、こんなに嬉しいんだな。
とても力が湧いてくるんだなと実感しています。

そして、旅立つ前の最後の夜。
ココは、写真や動画を撮る私の顔を、とびっきりの笑顔でじっと見ていました。
数日前から、私のことをあまりにじっと見つめるので、

今思えば、これが最後かもしれないと思いながら、ココは一日一日を過ごしていたのだろうか。
私にその笑顔を覚えていて欲しかったのかな?

そんな風に感じ、とても切なくて悲しくて、寂しいです。

このメッセージも泣きながら書いていますが、
皆さんの応援と、ココが見せてくれた笑顔のお陰で、
時機に、いつもの自分に戻れると思います。

そして、私だけでなく一緒に暮らした他の子たちも傷ついています。
特にひめは、この家に来た時からココのことが大好きで、ココの後を付いて回っていましたから…
気丈に振舞っていますが、時折とても不安そうに寂しそうな声で鳴きます。

これからは、残された4羽との時間を大切に日々を重ねていこうと思います。

おけい♪さん、本当に感謝いたします。
ありがとうございました。

Re: No title

夕焼けさんへ。

はじめまして。Yukoと申します。

見ず知らずの私にコメント頂きまして、
本当に、ありがとうございます。

ブログをはじめて、本当によかったです。
皆さんとの繋がりがなければ、私はもっと深く深く悲しみの底に落ちていたと思います。

私は、ブログを始める前からTwitterをしていますが、
そこで流れてくる訃報に、辛すぎて声を掛けられないことがありました。

でも今回、たった一言でも、
とても大きな力をもらえるんだと学ばせて頂きました。

だから、夕焼けさんのように、これからは同じように悲しむ人を見つけたら、
上手く言葉が見つからなくても、一言でも何か伝えようと思います。

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

出会えた幸せに感謝して、これからも残された子たちを大切にしていきます。

ありがとうございました。

Re: どんなに辛いことかお察しします

らぷもこさんへ。

はじめまして、Yukoと申します。
おけいさんのブログから来て下さったのですね!!
本当にありがとうございます。

見ず知らずの私に声を掛けてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

きっと、こんな風に痛みを共有してくださる方と出会えていなかったら、
私はもっと深い深い悲しみの底に落ちていたと思います。

らぷもこさんにも、
心穏やかな日々が少しでも早く訪れますように、お祈りしております。

ありがとうございました。

No title

こんばんは。
おけいさんの所から来ました。

ココちゃん本当に美人さんで可愛い子ですね♪
それに笑顔で眠ってるような綺麗なお顔をしています。
きっとありがとうが言いたくてYukoさんに知らせたのでは
ないでしょうか。
親思いのとっても可愛い子だったんですね。

突然の別れはなかなか受け入れることが出来なくて
私も苦しんだ経験があります。
今も思い出すと涙がこぼれるのですが、
忘れないでいることが供養になるかな・・・なんて
勝手に思っています。
今は信じられないかもしれませんが、必ず時が心を癒してくれますよ。

はじめまして

おけいさんのところから訪問させていただきました。

突然のことで、悲しみをお察しいたします。

ココちゃん、可愛らしいこですね。


わが家は、猫なのですが、同じような経験をしました。

名前も同じ「ここ」でした。

ママさんの心が心配です。

あらためて、ココちゃんのご冥福をお祈りいたします。

Re: No title

doriさんへ

こんにちは。
はじめまして、Yukoと申します。
おけい♪さんのところから、ありがとうございます✨

ココは今まで病気怪我ひとつしたことがなく、手のかからない、
とても頭の良い子でした。もう、絵に描いたような優等生。
とても可愛い子でした。

いつかお別れはくるものですが、それはまだ先のことで、
これからもまだまだ一緒に居られると思っていました。

流れ星のように、ココはあっという間に逝ってしまいました。
だから、まだ信じられない思いでいます。

doriさんの仰るように、時が心を癒してくれるまで、
ココに感謝して流れに身を任せようと思います。

優しい声をかけてくださり、本当にありがとうございました。

Re: はじめまして

Miyuさんへ

こんにちは。
はじめまして、Yukoと申します。

おけい♪さんのところから、ありがとうございます✨
Miyuさんの大切な子も、ここちゃんなのですね。

順番で言えばいつかは見送ってあげる日がくると、頭では分かっていましたが、それがこんなに早く前触れもなく訪れるなんて…

気にかけて声を掛けてくださったこと、
とても嬉しく思います。
本当にありがとうございました。

思い出は宝物

こんにちは
うちの子が天使になってあと少しで1カ月。あまりのショックで数日間亡くなった子の記憶が飛んでさしまいましたが、復活してまだまだ思い出しては涙しています。けれども、時間が解決してくれます。忘れるのではなく、心の中に引き出しを作るイメージで、そこに大切にしまいます。すると、いつしか思い出が笑顔で浮かべられるようになります。今はまだです。コザクラの女の子だったらあるあるですが、破壊された物品がそこらにあり、見ては固まってしまいます。でもこの悲しい期間って貴重だと思うのです。急ぐ必要はありません。毎日感謝してあげてください。お身体を壊さないように気を付けてください。精神的に負った傷は大きいと思います。
一旦入力してそのままだったので重複しまってたらすみません

Re: 思い出は宝物

らぷもこさん

こんばんは。今日もまた泣いてしまいました。
けれど、悲しい寂しいといった涙から感謝の涙へと少しづつ変わっていくのかなと、ふとそんな風に思いました。

ココが遊んでいたおもちゃ、齧った跡、あの子が残していった気配を穏やかな気持ちで迎えられるのは、もう少し先になりそうです。

ありがとうございました。